新興暗号通貨の95%は詐欺コイン!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

2017年は仮想通貨バブル元年と言われております。

現在の仮想通貨市場は約1兆円。

今年から5年以内で市場規模は、

約6000倍の6000兆円に到達すると

言われております。

今後、仮想通貨バブルの波に乗り

仮想通貨長者になる為には、

どのような仮想通貨に投資すればいいか?

それは、市場公開前の新興コインです。

将来有望な新興コインを見つけ、初期の安いときに買っておき

市場公開後の爆発的な価値高騰で仮想通貨長者を目指す。

これが、仮想通貨長者への一番の近道です。

とはいえ、新興コインの95%が詐欺コインと言われており、

世の中に流通している新興コインから将来有望なものを見つける事は

不可能ではないか?と思われている方も多くいるはずです。

結論から申し上げると・・・

不可能ではありません!

以下の3つのポイントを注視すれば

将来有望かそうでないかを判断することができます。

1.仮想通貨を発行する目的

その通貨でなければならない理由はあるか?

2.運営元の組織

公的な人物や機関が関わっているか?

3.価値を高める戦略

その戦略と収益モデル、理屈は妥当であるか?

現在、世の中に流通している詐欺コインというのは

上記の3つのポイントのいずれかが欠けているのです。

そして私は仮想通貨長者への近道となる

新興コインを発見したのです。

それは「ASECコイン」という新興コインです。

*ASECコインの詳細を確認する

 

ASECコインはASECプロジェクトという

巨大プロジェクトの中での事業間通貨として

使用されます。

ASECプロジェクトでは今後、

都市開発等の様々な事業計画があり

ASECコインの流通量増加が見込まれているのです。

流通量が増加すれば必然的に価値は高騰していきます。

なぜならば毎月の発行枚数が決まっているからです。

実は発行枚数が決まっているというのが、

現在の仮想通貨市場で仮想通貨長者を生み出す原理なのです。

 

分かりやすく説明をすると・・・

 

仮にASECコインの毎月の発行枚数が100〜300枚として、

1月に100枚、2月に200枚、3月に300枚発行されるとします。

この時点で、総発行枚数は600枚となります。

1枚あたりの価格が円相場で100円だったとするならば、

600枚×100円=6万円分(時価総額)の仮想通貨が

流通している計算になります。

この前提をもとに都市開発事業にて、

ASECコインが価値高騰の見込みがある

理由をお話し致します。

仮に資材搬入費用が600万円だった場合に、

ASECコインの時価総額が6万円では

600万円の支払いはできません。

かといって、600枚以上に発行枚数を

増やす手段もありません。

 

となると・・・

 

 

1枚あたりの価格を

高くするしかないのです。

600万円の支払いをする為に

1枚あたりの価格を100円から1万円に

高めようという市場原理が働き出すのです。

これが価値高騰の理由の1つ目です。

さらにはASECプロジェクトでの利益の一部を寄付して、

東南アジアの貧困救済に役立てるという大きな目的があります。

これが価値高騰の理由の2つ目です。

 

 

そして、このASECプロジェクトの発起人は

Drカセーという、タイでは知らない人は

いないぐらいの公人です。

さらにカセーのパートナーを務めるのが、

タイの4大商社BQグループで

役員を務めるDr.タパナです。

BQグループというのは、日本でいうところの

丸紅に匹敵するぐらいの大企業です。

これが価値高騰の理由の3つ目です。

 

 

このようにASECコインは

上記3点の使用目的、関わっている組織・人物、

事業戦略のすべてが揃っているのです。

それだけの根拠が、ASECコインにはあります。

なんの市場でもそうですが、バブルに突入する市場は

カオス状態で、ここに関わる人はしっかりと本物を

見極める目を持つ必要があります。

これから来る仮想通貨バブルに向けて

現時点で、ASECコインの将来性に

気付いたあなたはかなりの先行者と言えます。

仮想通貨バブルに乗り、

仮想通貨長者を目指してみてください。

*ASECコインの詳細を確認する

 

ASECコインの詳細はこちら>>

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

リンク

  • SEOブログパーツ
ページ上部へ戻る